お酒の流通はさまざまな形態になる[ごちそうナビ]

只今ヒット中のお酒あり!

名酒センター代表 月刊ビミー編集長 武者 英三(むしゃ えいぞう)
酒屋独創塾顧問。訪問した蔵は1000蔵以上、呑んだ酒は星の数に匹敵、プロデュースした酒は多数。旨い日本酒を飲みましょう。

お酒の流通はさまざまな形態になる

 前回「お酒の限定流通のゆくえ」を書いたが、もともとお酒の流通についてを書こうと思うと相当量の紙数が必要になってしまう。本稿ではそこまで書くのはそぐわないので割愛し、料飲店のお酒の流通についてのみ触れていく。

 料飲店で提供されるお酒は、ほとんどの場合、酒販店の中でも特に「業務用酒販店」と呼ばれる業態が納品を担っている(一部、一般酒販店が参入しているケースもあるがわずかでしかない)。業務用酒販店で取扱い可能のものであれば新しい銘柄も仕入れる事ができるが、現実には、料飲店が欲しいと思っても入手できないお酒は多々ある。何とかその問題を解消するため、料飲店は複数の酒販店と取引きしているのが現状である。

 だが、これを蔵元側からみれば、自社銘柄を取扱ってほしいと思う料飲店があった場合、業務用酒販店(一般酒販店でも同様)との取引きがなければ、必然的に蔵元から料飲店に直接納品という流通形態がとられていく。当然、料飲店側でもその銘柄が欲しいとなって、取扱い酒販店が近場になければなおの事、蔵元→料飲店との直接取引きはより一層、拍車がかかっていく。市場を回っていると、蔵元と料飲店主が友人関係だったり、郷里が同郷だったり、先輩後輩といった間柄だったりもする。

 あまり表立った動きにはなっていないが、この流通形態は現実的に水面下でかなり進行しているように思えてならない。もちろん1本2本の流通なら蔵元も対応しないだろうが、ケース単位なら対応する事ができる。私の知っている料飲店店主はお酒は酒販店からは仕入れず、あえて直接蔵元と取引きしていると公言する。なぜかと聞くと、蔵元から直接仕入れたほうが情報がストレートで、そのお酒を提供する際にリアルな情報をつけ加える事が出来、お客も興味をもって聞いてくれるという。酒販店から仕入れても、その蔵元の情報をほとんどもっていない、と断言もする。酒販店はお酒の背景にある情報をもっと勉強してほしいとも言っていた。

 こうした流通の変化も、新しい“中抜き”現象の1つといっていい。流通に限らず、ほとんどの事象はいっきに変化するわけではない。徐々に少しづつ、ある時は加速もしながら時代の流れに合わせて進展していく。流通に限ってみれば、市場の需要と供給のバランスを保ちながら変化、進展していくのだと思う。だが前回でも触れているが、ウェブ2.0の世界の出現によって“情報革命”は各分野、各業界に与える影響は大きく、部分的にはいっきに“情報革命”が起っていく事も考えられる。

 蔵元、酒類問屋、酒販店、料飲店はどう対応していったらいいのか。長い歴史を持った商習慣にも、長い歳月を経てきたそれなりの理由がある。簡単に市場から消えるものではない。そのあたりが微妙で、ある意味不思議で面白い世界でもあるのだ。机上で語りかける理屈のある言葉と、ドロドロした社会の中の人間関係による現実マーケットの商売は当然、異質である。だから面白い。お酒の流通は“百花繚乱”に進展していくだろう。


公開日[2008/04/21]

筆者プロフィール
週刊誌記者を経て酒類・食品のマーケティングに従事し、株式会社ヤングマーケティング研究所を設立、代表に就任する。東京・浜松町、日本酒PRのための店「名酒センター」代表、兼消費者向け酒の情報誌「月刊ビミー」編集長。(http://www.bimy.co.jp/) 他にセミナー講師、イベント企画プロデューサーでもある。 訪問した蔵は1000蔵以上、呑んだ酒は星の数に匹敵。プロデュースした酒は「黒牛」「瀧澤」「巻機」「本洲一」「田むら」「十五代九郎右衛門」「謙信」「男一心」と多数。

  • ごちそうナビとは
  • 仕入れ担当の方
  • 販売・PR希望の方
食品の販売は、ヤフーショッピング制作実績No.1のアイフラッグにお任せ!

アイフラッグ ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス